キャッシングの審査基準と利率について

消費者金融会社と、銀行と、どちらのキャッシングサービスがいいか、判断がつかない人がいます。各金融会社の審査基準は明らかにはされていませんが、消費者金融会社は審査のハードルが低く、銀行は高いと言われています。消費者金融会社なら、パートやアルバイトで仕事をしている人でも融資を受けられるけど、銀行からは借りられなかったという体験談もあります。しかしその反面、融資の年間利率は消費者金融の方が高い傾向にあります。銀行のキャッシングでは、年間利率が15パーセント程度になっていますが、消費者金融の場合は、年間の最大利率は20パーセントです。しかし最近では、消費者金融でも低めの利率、たとえば18パーセント程度でキャッシングができる会社も増えています。銀行のキャッシングは使いづらいという人でも、低金利で融資を行っている消費者金融会社を利用することで、お得な借り方が可能になります。ですが、消費者金融からの融資は総量規制の対象になるというネックがあります。総量規制では、年収の1/3までを融資できる金額としています。総量規制を確認する時に注意すべき点として、幾つかの消費者金融会社から借り入れをしている時は、各社の合計金額が年収の3分の1を超えているかで借り入れが制限されることになります。また最近では、たとえばひと月以内であれば、金利がつかないという無利息キャッシングというものがあります。1週間だけ借りたいというような場合、すぐに返済できるのであればとても便利なキャッシングです。ただし所定の時期を過ぎると、あらかじめ設定された利率で計算された利息がつきますので、その点には注意しましょう。脱毛 ビーエス